アイドルの365日

登録ID
1931092
サイト名称
アイドルの365日
URL
http://48lovelove48.blog.fc2.com/
紹介文
恋愛禁止のアイドル達の…ごくありふれた365日を描いた妄想小説…
カテゴリ
  • 小説 (100%) - 98 / 128人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 間違いだった相談相手 7
    ――しかし…ここはBSDメンバーの寮…なぜ…ここに彼女が…? ――事務机に座る女性が話し始めるのを待つ原田がそんな事をぼんやりと考えていると「お恥ずかしい話ですが…」 ――お前じゃないだろ…? ――いきなり大男が口を開いたので目が点になりま…02月03日 23時41分
  • 間違いだった相談相手 6
    ――う、嘘だろ…?な、なんで彼女がこんな所に…? ――呆然と言葉を失ったままの原田に事務机に座っている女性が訝しげな表情を向けると「こちらは原田様で…会長の代理の方です…」原田の様子など気にせず大男が淡々と話しますが女性は怪訝な表情のまま「…01月24日 09時09分
  • 間違いだった相談相手 5
    「待っている女性って…もしかしてですけど…BSDのメンバーですか…?」「いぇ…違います…」4人の後について歩き打って変わって露骨に謙虚な態度を見せそんな事があるわけはないと思いながらも口笛を吹きそうな勢いでさりげなさを装って聞いた原田は意気…01月24日 08時44分
  • 間違いだった相談相手 4
    ――ふっふふ…あの男…羨ましかったんだな…私が…麻友の処女を奪うのを見てて…ぐっふふ…だから怒ってるんだ…もしかして…ヤキモチやいちゃった…?ホントは自分が狙ってたのに…私なんかに…まさかって…でも…だからって…運転手にまで八つ当たりするの…01月17日 16時31分
  • 間違いだった相談相手 3
    「どうでしょうね…?まぁ…私の方は…大した用件じゃないので…?すぐに連絡が必要でもないですし…」何も考えずに答えてから運転手が深刻そうな表情を浮かべているのに気付き「何かあったんですか…?」すると運転手ではなく大男も深刻そうな表情で「こちら…01月13日 23時37分
  • 相談相手は間違えないように 2
    「原田様…申し訳ございませんでした…」「もう良いですって…私がすぐに…説明してれば…こんな大袈裟な騒ぎには…」「いぇ…私の責任です…会長の特別な御方の原田様だと…すぐに気づいていれば…このような失礼な対応など…本当に申し訳ありませんでした……01月10日 10時50分
  • ファンとは紙一重な妄想内容 完結
    「じゃあ…麻友…もう…帰るね…?」着替えを済ませた原田がパジャマを着た麻友に声をかけると「うん…」まだ頭の片隅には朝まで一緒にと考えていながらも麻友のたった一言に原田はなぜかそれで満足し帰る決心をし玄関で靴を履くと「原田さん…どうする…?」…01月02日 12時44分
  • ファンとは紙一重な妄想内容 43
    ――ぐっふふ…そういう意味か…そういう意味だったのか… ――帰ってと言われた時は訳が分からず取り乱す寸前でしたが麻友の真意を聞いて原田は ――でも…このまま続けたらって…もしかして上手くいけば…朝まで一緒にいれるのでは…?いやっ…ここは言わ…01月02日 12時32分
  • ファンとは紙一重な妄想内容 42
    ――ふっふふ…今日はこのまま朝まで… ――バスルームに移動する際時計を見ると日付が変更する時刻だったので生ぬるいお湯につかり短い足を伸ばした身体の上に生まれた姿の麻友を乗せた原田が背後から胸を愛撫しながらそんなことを考えていると「ふふっ…く…01月02日 12時28分
  • ファンとは紙一重な妄想内容 40
    ――ハァハァ…麻友が見てる… ――下腹部に頭を乗せたままの麻友の表情が見えず何を考えてるのか分かりませんが見られてると思うだけで興奮の波が押し寄せもう1度挿入できるのではと原田が考え始めるのはごく自然な事で「これって…普通の状態じゃないよね…01月02日 12時22分
  • ファンとは紙一重な妄想内容 39
    ――あの麻友と…渡部麻友と…BSD47の渡部麻友と…私は結ばれたんだ…しかも…中出しで… ――ペニスを抜いた瞬間少し赤色が混じった白く濁った液体が膣から垂れ流れるのを目にし今日何度思ったか分からない信じられない気持ちで荒々しく息を吐きながら…01月02日 12時17分
  • ファンとは紙一重な妄想内容 38
    十分すぎるくらい潤んだ局部をソーセージのような指で何度か撫でてから痛いくらいに勃起したペニスの根元を握り原田は挿入を試みようとしますが麻友が全くの無表情だったので ――い、挿れるって…ちゃんと言ってあげた方が… ――本気でそんな事を考えなが…01月02日 12時01分
  • ファンとは紙一重な妄想内容 37
    「や、やめる…?ハァハァ…やめるわけ…ハァハァ…ないよ…ま、麻友が…こんなに…ハァハァ…か、感じてるのに…」麻友のまさかの言葉に原田は局部を舐めながら何も考えずに本心からの思いを口にすると「き、気持ち良い…ハァハァ…か、感じてる…ハァハァ……01月02日 11時52分
  • ファンとは紙一重な妄想内容 36
    ――ま、麻友が濡れてる…麻友が濡れてる…あ、あの麻友が… ――存在を初めて知った時の笑顔から今まで自分が見てきたすべての渡部麻友が走馬灯のように蘇り息を飲む原田は麻友が顔を歪ませて自分の名前を口にし続けてますが何を言ってるかは全く分からずた…01月02日 11時49分