アイドルの365日

登録ID
1931092
サイト名称
アイドルの365日
URL
http://48lovelove48.blog.fc2.com/
紹介文
恋愛禁止のアイドル達の…ごくありふれた365日を描いた妄想小説…
カテゴリ
  • 小説 (100%) - 62 / 140人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ファンとは紙一重な妄想内容 3
    「くっくく…では誰が良いでしょうか…?何人か候補を…挙げて頂けますか…?」まるでレストランでメニューを選ばせるような物言いに目を丸くしながら原田は「じゃあ…陽菜先生を…?」もう関係を持っているのに電話に出てくれないので陽菜の名前を即答します…11月23日 06時52分
  • 妄想内容はファンと紙一重 22
    「くっくく…同志…これから…何かご予定は…?」院長室で話をしているのに惚けたように聞いてくる佐藤に原田は苦笑いし「ふっふふ…アイドルのカウンセリングができるなら…この後は休診にしますが…?」ほんの軽い気持ちで言い返すと「くっくく…では、休診…11月15日 12時18分
  • 持っている男を待っていた男 14
    「あ、あ、あ、あ…貴方…?む、む、む、む、娘と…?む、娘と…関係を…?」AVを見ているのか自分が何の映像を見ているのか分からなくなった原田が慣れたようにグロテスクなペニスを頬張る秘書の姿に自分の卑劣な行為は忘れてしまったのかただ棚に上げただ…11月12日 00時59分
  • 持っている男を待っていた男 11
    「で、でも…それなら…私の方が…楽しませて貰いましたが…?」原田が恥ずかしげもなく本心からの言葉を口にすると「くっくく…あのような状況でも…私の存在を忘れず…小城は私の元へ…そう考えると…貴方に申し訳なくてね…本来なら…もっと楽しめたはずだ…11月12日 00時03分
  • 持っている男を待っていた男 10
    「脇宮君の時はって…時はって…?では…陽菜の時は…驚かなかったんですか…?」違和感の原因に気づいた原田がそう問いかけてみると「くっくく…脇宮君の時は…本当に信じられなかった…行為が始まっても…何が起こったのかが…しかし…0%を可能にした…貴…11月11日 23時48分
  • 持っている男を待っていた男 9
    「質問に質問を返して申し訳ないのですが…?」「なんでしょうか…?」含み笑いもせず返事をした佐藤に「その前に…」原田は、クズ入れの中から発泡酒の空き缶を取り出しテーブル上に置き「灰皿代わりに…どうぞ…?」「これは…申し訳ありません…」煙草を取…11月11日 23時24分
  • 持っている男を待っていた男 8
    『はあっ…あんっ…あっ…んっ…はあっ…はぁはぁ…あんっあんっあんっ…あっあっ…い、いきなり…SDのが…は、入っちゃった…?』『くっくく…な、なんだ…?なんなんだ…これは…?他の男の…ザーメンが…はぁはぁ…な、中に…こ、これは…良い…さ、最高…11月11日 23時01分
  • 持っている男を待っていた男 7
    『ふふっ…寮には入れてないからね…?ちゃんとSDの言いつけは守って…外で逢って…車の中で…ちゃちゃっとヤッただけ…じゃないと…帰りそうにないから…ヤキモチやいちゃった…?』「愛人では…ありませんね…」『くっくく…私がヤキモチを…?本気で言っ…11月11日 22時47分
  • 持っている男を待っていた男 5
    『あっ…そうだSD…?いきなりだけど…あの人…私達の…専属カウンセラーに…するのはやめてくれる…?』『くっくく…どうしてだ…?』ノートパソコンには見覚えのある部屋で佐藤と陽菜が会話をしている映像が映し出され「こ、これは…?」全く意味が分から…11月08日 07時17分
  • 持っている男を待っていた男 4
    ――こ、こ、こ、こ、これっ…?な、なんで、貴方が…? ――佐藤がテーブルの上に置いた小さな茶色の小瓶を見て唖然としてしまった原田に「くっくく…これは…小城の部屋にあったのですが…原田先生に貰ったビタミン剤だと言うものでね…最近…私も…疲れ気…11月03日 08時18分
  • 持っている男を待っていた男 1
    殺風景な部屋で1人ところどころ穴が開き加齢臭がたっぷりと染み込んだ来客用のソファーに寝転びテーブルの上に置いたノートパソコンでBSD47のライブ映像を原田が今にもズボンを下げそうな勢いで食い入る様に見ているとドアをノックする音が聞こえたので…11月02日 23時57分
  • アイドルとお医者さんごっご 完結
    「ふふっ…でもびっくりしちゃった…あれ…パパの車だって思ったら…パパが乗ってるんだもん…」「ふっふふ…佐藤さんとお話してたから…こんな時間までここにいたけど…パパもびっくりしたよ…」「今日も逢えるって…思ってなかった…」「ふっふふ…パパも……10月29日 01時26分
  • アイドルとお医者さんごっご 57
    ――な、なんか…さっきから話が…随分と私に都合良い事ばかり…やはり…アナタは神なのですね…? ――原田がそんな事を考えていると「くっくく…今日も親子水入らずで…朝まで一緒なのかな…?」原田にではなく明らかに咲良に対して問いかける佐藤の言葉に…10月29日 01時13分
  • アイドルとお医者さんごっご 56
    ――こ、こんな…美少女の…処女を…私が…昨日…奪った…ゆ、夢じゃないよな…?で、でも…た、確かに…頂いた… ――咲良がいつからここにいたのかそう考えながらもどこまで馬鹿で単純なのか本気でそんな思いを抱く原田に顔を上げた咲良が先ほどバスから降…10月29日 01時02分
  • アイドルとお医者さんごっご 48
    「ハァハァ…こ、こんな黒のTバックで…パ、パイパン隠して…ヤラシイ匂いまでさせて…きょ、今日の…握手会に…?」下着の匂いを嗅ぎまた独特の自分の世界に入り込んだ原田の素直すぎる言葉に「ふふっ…私のパンツ…ヤラシイ匂いにさせたのは…誰だと思って…10月28日 22時38分
  • アイドルとお医者さんごっこ 47
    ――うるさいな…?今…良い所なんだから…邪魔するなよ…話しかけるんじゃ… ――本気でそう思いながら原田が陽菜が立ち上がっている事に初めて気づいたように驚き「えっ…?あっ…?」思わず手の動きも止まりだらしなく口を半開きにさせ陽菜を見上げると「…10月25日 09時20分
  • アイドルとお医者さんごっこ 46
    ――ぬ、脱がなくても……み、見せれるんじゃ……? ――陽菜が見ているからかどこか他人行儀な自慰行為を続けていた原田ですが想像も出来なかった嬉しすぎる信じられない出来事を目の当たりにしその行為は完全にプライベートモードに切り替わり「ハァハァ……10月25日 09時17分
  • アイドルとお医者さんごっこ 45
    ――くそっ…見えないじゃないか…? ――長い足を組んでいる陽菜の股間に視線を向けますが柔らかそうな太ももで隠れ肝心な部分が見えず心の中で舌打ちすると「ふふっ…今までヤッた娘に…1人でしてるの…見せてあげた事ってある…?」最後までOKの条件で…10月22日 15時33分
  • アイドルとお医者さんごっこ 44
    ――み、見てる…見てる…陽菜が見てる…は、陽菜に…見られてる… ――胸元や太ももを凝視しながらも陽菜に見られているそれだけを純粋に考え原田がいきなりペニスをしごき始めますが初対面の男が目の前で自慰行為を始めたにもかかわらず「ふふっ…いつもそ…10月22日 02時11分
  • アイドルとお医者さんごっこ 43
    ――き、昨日…これを挿れたのは…こ、こじはるが…よく知ってる…BSD47メンバーの…脇宮咲良です… ――馬鹿正直に答えてしまいそうになる原田が何とか自制心を働かせる事に成功すると「ふふっ…でもスゴクない…?昨日ヤッちゃてるくせに…今日も超ガ…10月22日 01時17分
  • アイドルとお医者さんごっこ 37
    「ふふっ…びっくりした…?でも似合うでしょ…?」白衣を身にまとった陽菜が嬉しそうに目の前でくるりと周る姿に「ど、どうして…?ど、どうして…?そんなの持ってるの…?」当然疑問に思った事を口にすると「ふふっ…この寮…衣装とかの…物置代わりで使っ…10月21日 23時40分
  • アイドルとお医者さんごっこ 36
    「ふふっ…撮影で着た衣装で気に入ったのあったら貰ったり…下着はそのまま…履いて帰ったりしてるからね…これも確か…グラビアで履いたやつじゃ…なかったかな…?」本気だったのか冗談だっのかいきなり下着を見せようとした陽菜が微笑むと数えきれないくら…10月21日 23時31分
  • アイドルとお医者さんごっこ 35
    「ふっふふ…今日のパンツは黒か…?それって彼の趣味…?」今まで何人に見せたのと考えながら聞く原田に「ふふっ…アイドルなんだから…白やピンクの下着履けとか…私…そういうの嫌いなんだ…」もう何人かに見せたんだねと決めつけただけでなく何人に脱がさ…10月15日 15時21分
  • アイドルとお医者さんごっこ 33
    「もしもし…?SD…?うん私…」「くっくく…もう終わったのか…?思ったより…早く帰らせたんだな…?」「う、うん…も、もう…あ、あの…カウンセラーの原田さんは…か、帰ったんだけど…」「くっくく…なら何をしている…?早く来なさい…お前を抱きたく…10月15日 14時55分
  • アイドルとお医者さんごっこ 32
    ――今彼氏は…?今まで何人と付き合ったの…?処女じゃないよね…?もしかして処女…?初体験は何歳…?経験人数は…?エッチは好き…?SM…どっち…?好きな体位は…?避妊方法は…?声は大きい方…? ――まずはどれから聞こうと本気で思案しながらも的…10月15日 01時01分
  • アイドルとお医者さんごっこ 31
    ――だ、大丈夫だよな…?ヤリマンとか…ヤる事はとか…自分で下ネタ言ってるんだから… ――陽菜の態度を見て責めていこうと決心はしましたが元来の気の弱さからか躊躇していると「ふふっ…芸能界ってイケメンやお金持ちばっかでしょ…?」3流週刊誌並みの…10月15日 00時29分
  • アイドルとお医者さんごっこ 28
    「ふっふふ…カウンセラー冥利に尽きるよ…もっと他の事も…聞いてみようかな…?」笑みを浮かべて頷く陽菜に媚薬効果の期待が膨らんだ原田は ――今彼氏は…?今まで何人と付き合ったの…?処女じゃないよね…?もしかして処女…?初体験は何歳…?経験人数…10月14日 23時51分
  • アイドルとお医者さんごっこ 27
    ――媚薬が効いたのか…?ち、違うよな…?こんな早く…?でも咲良も…媚薬を飲んだ後…すぐに…心を開いてくれた… ――都合の良い事だけを考えてしまう原田に「ふふっ…先生だから言うけど…握手会なんか…なくなればって思ってる…」なぜ自分だけだからか…10月08日 16時21分
  • アイドルとお医者さんごっこ 26
    「ふぅ…お薬飲んだから…これで大丈夫…命拾いした…救急車はキャンセルね…?」これまで援助交際相手や風俗嬢には効果がなかったのになぜ咲良には媚薬効果があったのか改めて身近な女性である風俗嬢に服用させその効果を確かめてみたいと風俗店に予約してい…10月08日 16時19分
  • アイドルとお医者さんごっこ 25
    ――こ、このまま…なんでもないように…パンツの色とか聞いても…答えてくれちゃいそう…? ――茶色に染まった長い髪をかき上げる陽菜を見て都合良く考える原田でしたが ――ふっふふ…それはないか…?昨日の…咲良みたいな…あんな奇跡が今日も…?あん…10月08日 00時54分
  • アイドルとお医者さんごっこ 24
    「ねぇ…?早くカウンセリング始めてよ…?くっちゃべってるだけじゃん…?」陽菜がアイドルとしてのイメージそのままだと嬉しさを通り越し自分は今その小城陽菜と2人きりと優越感も感じる原田は「ふっふふ…カウンセリング…もう始まってますよ…?気付いて…10月08日 00時31分
  • アイドルとお医者さんごっこ 21
    ――永遠に…この時間が…いやっ…永遠に続いたら…咲良との時間が…なくなっちゃう…ぐっふふ… ――「ふふっ…カウンセラーの先生ってどんな人か分かんなかったけど…なんか先生って面白そうだから…楽しみになってきちゃった…」ムッとしていたと思ったら…10月07日 23時49分
  • アイドルとお医者さんごっこ 20
    「ふふっ…マジかぁ…?私も…もっと頑張んなきゃな…」自虐的な言葉を口にしながらも楽しそうな陽菜に「お、思い出した…み、見た事はあります…雑誌のグラビアで…?」誰かは知らないと言ったのに嫌悪感など見せず何を考えてるかまでは全く分からないがらア…10月07日 18時57分
  • アイドルとお医者さんごっこ 19
    ――恋愛禁止のアイドルなのに…こんなエロい体系だし…もうヤッちゃってるのかな…? ――黒のインナーが透けて見える透かしの入ったノースリーブのシャツにひざ上丈の白のスカートを履いた陽菜が対面に座ると20歳以上の女性には全く興味がないのにアイド…10月01日 15時31分
  • アイドルとお医者さんごっこ 17
    ――こ、こんな簡単に…部屋に入れてくれるのか…?アイドルというのは…? ――昨日初めて咲良の部屋に入室したばかりだというのに2日続けて今度は別のアイドルの部屋に入れるという奇跡に表情が緩みっぱなしの原田が迷う事無くドアを開けた瞬間嗅いだ事の…10月01日 00時04分